練習記録

【イラスト】足を立体的に描きたい

足の描き方

足を描きたいけど、どうやって描けばいいのか分からない

足は人間の目から一番遠い部位で、なかなか意識して観察することが少ない部位になります。

そのため、いざ絵で描こうとしても不自然な形になることが多いです。

今回は書籍「お絵描きチュートリアル」で学んだことをベースに、足の描き方を紹介していきます。

まずは、何も学んでいない状態で手癖で描いた足を紹介します

ここからどう変化していくのか、確認していきましょう。

足のアタリのつけかたを知る

足は目から一番遠いところにあることから、簡略化されて描かれることが多い部位です。

そのため、まずはアタリの形を知ることでそれっぽく見せることが可能です。

足を一番簡略化させたものは、分厚い本ではなく、傾斜がついた立方体です。

さらにもう少し手を加えてみましょう。

足は傾斜のついた立方体というわけではなく、板と球体で構成されていることが分かります。

かかとの膨らみ部分は球体でアタリをとります。

足の裏

足が主役ではない場合は、簡略化するためにアタリと足の基礎的な構造をしればそれっぽく見えますが、足を主役にする場合は、足の部位の役割を知ることが大切です。

足の裏は、体重が均一に乗っているわけではありません。

体重が乗る部分は脂肪が厚く、また乗らない部分は脂肪が薄くなっています。

これを理解することで、自由時際に立体的な足の描写ができるというわけです。

実際に描いてみた

それでは、実際に学んだことを活かして足を描写していきます。

描き方を知らなかったときの絵と、学んだあとの絵を比べます。

(↑学ぶ前の手癖で描いた絵)

(↑しっかりとアタリをとった絵)

足の踵と、各部位の連結を意識した窪みを描くことでかなり立体的で安定感のある足を描くことができました。

気づきにくいですが、足は人間の顔面ほどの大きさがある大きな部位です。

しっかりと構造を理解することで、違和感のない足が描けるようになります。

今回の学習で、人間の体の部位の基本はマスターしました。

次回からはこれらを活かしつつ、もっとイラストの作品になるように勉強をしていきます。

当ブログは、30代からイラストレーターを目指す記録を、全てリアルタイムで発信しています。

SNSでも発信しています。

このブログを読んでいただくことでイラストレーターとして収益を出す方法を知ることができます。

ABOUT ME
穂高ユキ
90年生まれ。京都出身。31歳からイラストレーターを目指します。機材はipad Air,ipad pro,Macbook Air,cintiq16,procreate,CLIP STUDIO EX