練習記録

【イラスト】服のシワを描きたい

服のシワを描きたい

服のシワを描きたいと思っても、その法則性が分からず雰囲気で描いてしまう人は多いです。

服のシワは、シワが発生する理屈を学ぶことで描くことが可能です。

今回は書籍「お絵描きチュートリアル」から学んだことをベースに紹介していきます。

シワは接地面と重力を理解する

そもそもシワが発生する理由は、接地面同士の隙間に空間ができ、そこに重力がかかることで発生します。

つまり、まず意識することは「接地面」です。

その後に重力(力の向き)を認識することで、空間(シワ)を描くことが可能です。

シワは柔らかさを表現できる

シワは柔らかさを表現することができます。

例えば、一枚の布の上に球を落とした場合、柔らかければ柔らかいほど球は深く沈み、シワは深くなります。

ポイント
  • 接地面
  • 重力(力の向き)
  • 隙間(シワの発生場所)

実際に描いてみた

それではシワを勉強する前と後のイラストを比べてみましょう。

これが特に理解なく描いたイラストです。それっぽいシワはありますが説得力がありません。

今度は接地面を意識した絵です。

服の動きとシワがかなりリアルに感じられるようになりました。

まとめ

服のシワはポイントを抑えることで描くことが可能です。

常に接地面を探しながら描いてみましょう。

当ブログは、30代からイラストレーターを目指す記録を、全てリアルタイムで発信しています。

SNSでも発信しています。

このブログを読んでいただくことでイラストレーターとして収益を出す方法を知ることができます。

>>書籍「お絵描きチュートリアル」で学んだ記録まとめはこちらから

ABOUT ME
穂高ユキ
90年生まれ。京都出身。31歳からイラストレーターを目指します。機材はipad Air,ipad pro,Macbook Air,cintiq16,procreate,CLIP STUDIO EX