練習記録

【イラスト】顔面を立体的に描きたい②

穂高ユキ

顔を立体的に描けるようになりたい!

こんな悩みをもっている人は多いのではないでしょうか?

私の絵も顔が平面的です。本来、絵というものは三次元を二次元に落とし込むものです。

※前回描いたイラスト

この問題を解決するためには、頭部の凹凸を意識して描く必要です。

なので今回は顔面の凹凸を意識して描きました。

今回は前回に引き続き、書籍「お絵描きチュートリアル」を参考に人体を描いていきます。

前回の記事はこちら↓

【イラスト】顔面を立体で描きたい まず最初に絵で必要なことは、立体的にモチーフを捉えることだと思いました。 なぜなら絵は立体を平面に置き換えているものだか...

実際の写真を見て模写をする

今回の模写でモチーフにしたのは実写の女性です。

イラストは作者が簡略化したものなので、人体の頭部の形を学ぶためには実写を見る必要があります。

今回は、フリー素材の写真から数点選んで模写を行いました。

フリー素材はO-DAN(オーダン)というサイトから探しました。

立体に描く際に特に意識するポイントは以下の点です。

  • 目の窪み
  • 鼻の付け根

この2点を意識して描きました。

モチーフ1

ポイント

画像を検索して最初に描いたモチーフ。目の窪みと頬骨と鼻の立体感を意識して描きました。

モチーフ2

ポイント

色気が素晴らしいモチーフだったので、目線と表情を意識しました。

顎をあげている角度だったので、目と鼻の距離感に気をつけました。

モチーフ3

ポイント

教材にしている「お絵描きチュートリアル」に書かれていた「この世に全く同じ顔の人はいない」という言葉を思い出しました。

気付かぬうちに輪郭とパーツのバランスを自分の好みに描いてしまっていたので、この作品ではできるだけモチーフをよく見て、モチーフの特徴に気をつけるように意識しました。

モチーフ4

ポイント

今度は下を向いている角度。頭部と髪の毛の流れを意識しました。女性によってパーツのバランスが全然違うので、一枚ずつしっかり見る必要があると改めて思いました。

また目を惹かれた要素を自分の中で言語化して、そこを一番魅せられるように意識しました。

この女性は透明感と口元が美しかったです。

オリジナルイラスト

「お絵描きチュートリアル」を参考にしながら、オリジナルイラストを描いてみました。

上向きと下向きです。

赤丸の部分を特に意識して描きました。

目の窪み・鼻の付け根・顎・鼻の頭です。

顔の凹凸を理解すること。パーツ毎に理解する必要がありますね⋯。

あとここでは課題にしませんでしたが、髪の毛の流れも改めて勉強する必要があります。

下を向いてるときの流れが全く理解できていませんでした。

まとめ 注意したポイント3点

手癖で描いた絵↑

立体を意識して描いた絵↑

実写の写真を見て描いた絵↑

初めに何も見ないで手癖で描いたイラストと比べると立体感が増し、存在感が出てきたことが分かります。

人物画は特に目元が注目されるため、

  • 目元の窪み
  • 鼻の立体感

これらをしっかり描写することで、立体感を与えることができます。

当ブログは、30代からイラストレーターを目指す記録を、全てリアルタイムで発信しています。

SNSでも発信しています。

このブログを読んでいただくことでイラストレーターとして収益を出す方法を知ることができます。

>>書籍「お絵描きチュートリアル」で学んだ記録まとめはこちらから

ABOUT ME
穂高ユキ
90年生まれ。京都出身。31歳からイラストレーターを目指します。機材はipad Air,ipad pro,Macbook Air,cintiq16,procreate,CLIP STUDIO EX