練習記録

【イラスト】31歳が「ポージングチュートリアル」でポージングを学んだ結果【総集編】

ポージングをうまく描けるようになりたい

ポージングを勉強しようとしても「いつも同じポーズ」「なぜか直立不動になる」「体が硬い」といった悩みを抱えている人は多いです。

今回は私が書籍「ポージングチュートリアル」で練習した結果を解説していきたいと思います。

ちなみに私はこれまでに「お絵描きチュートリアル」と「色塗りチュートリアル」を勉強済みです。

ポージングチュートリアルで勉強した結果

今回「ポージングチュートリアル」で学んだ結果、ここまで描けるようになりました。

直立不動の状態から、かなり柔らかくなってきました。

最初期絵

こちらはイラストの勉強をする前に描いたイラストです。なんとなく描けているように見えますが、何も分かっていない状態で、描いています。

【一冊目】お絵描きチュートリアル終了時

ようやく体全体を描けるようになりました。

この段階では体の動かし方が分かっていなかったので、直立不動が限界でした。

【二冊目】色塗りチュートリアル終了時

着彩したイラスト

一冊目で学んだことに加え、色塗りの基礎を学びました。

色塗りは奥が深いので、まだまだたくさん描いて自然な色選びができるようになりたいです。

メイキング

それでは、今回学んだことを活かして描いたイラストのメイキングを解説していきます。

下書き

柔らかいペンで下書きをざっくり描いていきます。

頭の中のイメージが消えるまでの時間との勝負なので、頭の中で良いポーズが思い浮かんだら多少おかしくてもサクッと描いていきます。

線画

下書きで描いたあと、硬いペンでハッキリと線を描いていきます。

ここで気をつけることは、線を何重にも重ねるのではなく、綺麗一本で引いていくことです。

そのためには、各部位の描き方をマスターしておく必要があります。

色塗り

イラストのイメージに合わせてザックリと色を塗っていきます。

あまり色の数が多すぎてもうるさくなるので、今回は優しい色の組み合わせにしました。

仕上げ

元の色をベースに、色の階調を設定して質感を出せば完成です。

髪の毛は反射を強く、足は反射を弱くして質感にメリハリを出しました。

足のサイズは顔と同じくらいなので、かなり意識して大きく描きましたが、こうしてみると自然な大きさになりました。

まとめ

意識したことは以下の点です。

  • 曲線
  • 直線
  • 重心
  • 伸縮
  • オーバーラップ
  • タンジェント

ポージングチュートリアルで学んだことを一通りイラストに反映することができたと思います。

またブログには載せていませんが、書籍に載っているイラストはほとんど模写をして練習しました。

ポージングのバリエーションがまだまだ少ないので、いろんなポーズを模写して引き出しを増やしていきたいと思います。

次は書籍「光と色のチュートリアル」に取り組んでいきます。

当ブログは、30代からイラストレーターを目指す記録を、全てリアルタイムで発信しています。

SNSでも発信しています。

このブログを読んでいただくことでイラストレーターとして収益を出す方法を知ることができます。

ABOUT ME
穂高ユキ
90年生まれ。京都出身。31歳からイラストレーターを目指します。機材はipad Air,ipad pro,Macbook Air,cintiq16,procreate,CLIP STUDIO EX