練習記録

【イラスト】パースと一点透視図の描き方について【消失点】

立体的なイラストを描きたい!

しかし「いつも同じようなアングルになる」「立体的に描く方法が分からない」と悩んでいる人は多いです。

今回の記事では書籍「ポージングチュートリアル」で学んだことをベースに、パースと一点透視図について解説していきます。

この記事を読むことで遠近法を用いた図を描くことができます。

パースを理解しよう

パースとは、簡単にいうと「絵の遠近感や立体感を正確に描くための概念」です。

つまり、パースを学ぶことでより迫力のあるイラストを描くことができるようになります。

今回はパースの基本である「一点透視図」について解説していきます。

一点透視図とは

一点透視図を学ぶと「物体の前後の奥行き」を表現できるようになります。

覚える単語は

  • アイレベル(水平線)
  • 消失点
  • パース線

この3つだけでOKです。

描き方

  1. アイレベル(水平線)を決める
  2. 消失点を決める
  3. パース線に沿って線画を作る

それでは順番に解説していきます。

①アイレベル(水平線)を決める

アイレベルとは言い換えると「水平線」のことです。

とりあえず横にざっくり線を引くと思ってもらうとOKです。

アイレベルは「目線の高さ」のことなので、今回は真ん中あたりにアイレベルを引きました。

②消失点を決める

次に消失点を決めます。

今回は一点透視図なので、消失点は1つです。

分かりやすくするために真ん中に設定しました。

③パース線に沿って作画する

パース線(補助線)とは

パース線とは、さきほど決めた消失点に向かって伸びる補助線のことです。

イラストを描くときは、このパース線(補助線)を目安にします。

作画する

初めて描くときは分かりやすい立方体を描くと分かりやすいです。

上の図のように、パース線(補助線)に沿ってイラストを描くと、前後感(奥行き)を表現することができます。

今回の場合は、左の箱が奥に、右の箱が手前に表現されています。

ちなみにアイレベル(目線の高さ)より上にある箱は底面が見えますし、アイレベルより下にある箱は天板が見えています。

まとめ

今回は一点透視図について解説しました。

  1. アイレベル(水平線)を決める
  2. 消失点を決める
  3. パース線に沿って線画を作る

この3つの手順で描くことで、奥行きを表現することができます。

次回はさらに応用した二点透視図について解説していきます。

今回参考にした書籍はこちら↓

当ブログは、30代からイラストレーターを目指す記録を、全てリアルタイムで発信しています。

SNSでも発信しています。

このブログを読んでいただくことでイラストレーターとして収益を出す方法を知ることができます。

ABOUT ME
穂高ユキ
90年生まれ。京都出身。31歳からイラストレーターを目指します。機材はipad Air,ipad pro,Macbook Air,cintiq16,procreate,CLIP STUDIO EX