購入したもの

【デジタル】イラストレーターになるために揃えたもの【始め方】

イラストレーターになりたいんだけど、何を揃えればいいんだろう?

いざ「絵の勉強を始めよう」と思っても、なにから揃えればいいのか分からないという人は多いです。

この記事では、30代からイラストレーターを目指す私が最初に揃えたものを紹介していきます。

買い揃えたもの

私はデジタルでイラストを描いていますので、デジタルイラストレーターになりたい方向けのラインナップとなります。

必須アイテム

  • iPad Air 4
  • Apple Pencil 2
  • イラストソフト
  • イラスト関係の書籍

iPad Air4

液タブ・ペンタブでも良いですが、iPadならこの機械一台で絵を描き始めることができます。

また私は作業環境で大きな机がなかったため、元々所有していたiPad Air4でイラストを作成しています。

プロのイラストレーターの方はもちろんiPad Proが良いと思いますが、私がそのレベルの機材を使いこなせるようになるまでに、新しいiPad Proがどんどん発売されるだろうと思ったので、AIR4を十分使いこなせるようになったら買い替えようと考えています。

Apple Pencil 2

Apple PencilはiPadに入力するためのペンです。

IPadによって、対応しているpencilの種類が違いますので、分からない場合は店員さんに確認しましょう。

私はこのApple Pencil 2を使用したかったので、iPad Air 4を購入しました。

理由は、磁石で側面につけることで充電ができるからです。これが本当に便利です。

イラストソフト

iPadならすでにインストールされている「メモ」という純正アプリがありますが、こちらは名前のとおりメモをとる用のアプリなので本格的なイラストを描くのは厳しいです。

オススメイラストソフト

・procreate

・clip studio

iPadでイラストを描きたい場合は、こちらが使いやすくオススメです。実際にプロのイラストレーターさんも多くがこの2つを使用されています。

Photoshopでも描けるのですが、最初は色々なソフトを使うよりも、まず絵の基本を学んでいくほうがよいです。

イラスト関連の書籍

お絵描きチュートリアル

実際に絵を描き始めると必ず壁にぶつかります。

それを解決するために、書籍を購入して勉強します。

  • お絵描きチュートリアル
  • ポージングチュートリアル
  • 色塗りチュートリアル
  • 光と色のチュートリアル
  • うつくしい手の描き方
  • 基礎から実践まで全網羅 背景の描き方

私はとりあえずこれらの書籍を購入しました。一気に購入した理由は、楽天ブックスで1万円以上購入すると大きな割引が発生するからです。

しかし、実際にやってみると一冊を終わらすだけでもかなり時間がかかることが分かります。

買ってみたものの、これらの書籍をきっちり学ぼうと思ったら一年はかかりそうな気がします。

あったら便利なもの

次は必須ではないものの、あったら勉強がしやすい。身につきやすいものです。

  • MacBook Air M1
  • スケッチブックとボールペン
  • ブックスタンド

MacBook Air M1

絵を描くうえで、作品の管理や投稿、編集などであったら便利です。

またM1の性能ならSidecarという機能も快適です。

Sidecarとは簡単にいうとiPadを液タブ化することができるものです。

私は作品の管理とSidecar、そしてこのブログの運営の際に使用しています。

あったら便利ですが値段が高いです(M1が登場したことにより、コスパが驚くほどよくなりましたが⋯)

スケッチブックとボールペン

こちらは観察力を鍛えるために必要なセットです。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

【イラスト】観察力を高めるためにスケッチする【練習方法】 観察力を高めたい! しかし、そう思ってもどう練習すればいいのか悩んでいる方も多いと思います。 今回はイラストレーターの...

毎日数ページ、しっかりイラストを仕上げる習慣をつけているところです。

ブックスタンド

イラストの書籍は電子版が出ていないことが多々あります。

そのときにブックスタンドがあれば、本を開きながら固定することができます。

なによりストレスフリーになるのが良いです。

値段も安かったので、手を出しやすいと思います。

使用しているブックスタンドはこちらです。

actto BST-02 ブックスタンド 書見台(ホワイト)

まとめ

デジタルイラストを作成する上で、一番最初にひっかかるのが「板タブか液タブかiPadか」という悩みだと思います。

人によって資金や環境が違うため、絶対にこれがいいというものは言えませんが、絵を描くまでのハードルが低いのは絶対にiPadだと思います。

またiPadですと、気分転換に部屋を移動したりカフェで作業することも可能です。

SNSに投稿するのもiPad一枚で済むのでコスパは間違いなく最強です。

当ブログは、30代からイラストレーターを目指す記録を、全てリアルタイムで発信しています。

SNSでも発信しています。

このブログを読んでいただくことでイラストレーターとして収益を出す方法を知ることができます。

ABOUT ME
穂高ユキ
90年生まれ。京都出身。31歳からイラストレーターを目指します。機材はipad Air,ipad pro,Macbook Air,cintiq16,procreate,CLIP STUDIO EX